NEWS

SUMMER RECIPE
「とうもろこしのかき揚げ」

「とうもろこし」を主役に使ったかき揚げレシピを、restaurant RKの井口シェフに教えてもらいました。
今が旬の野菜で、夏の暑さも乗り切り、身体の内側からエネルギーをチャージしましょう!
ゆっくり過ごせるおうち時間に、ぜひトライしてみてください。

*とうもろこしの薄皮を残してレンジで加熱すると、甘みも増して、新茶のような爽やかなグリーンな香りもプラスされて、とても美味しいので、色んな料理の下処理に活用していただくのもおすすめです。

とうもろこしのかき揚げ [材料/4人前]

トウモロコシ 2本

〈天ぷら粉〉(作りやすい分量)
 卵 1個
 冷水 200ml
 薄力粉 140g

胡瓜 2本
大場紫蘇 5枚
梅干し(塩分濃度5%のもの) 20g(4粒)
EXヴァージンオリーブオイル 大さじ5杯
七味唐辛子 お好みで

1.

とうもろこしは薄皮を残しラップで2重に巻いて500wで3分間レンジにかけてしっかりと火を入れます。
粗熱が取れるまでラップを巻いたまま冷ましてから包丁で果肉をはがして一粒ずつになるようほぐしておきます。

2.

天ぷら粉の準備をします。
ボウルに分量の卵と冷水を入れ泡だて器でしっかりと混ぜ合わせてからふるった薄力粉を入れてさっくりと混ぜ合わせます。

3.

付け合わせの準備をします。胡瓜を1cm角に切り分量のオリーブオイルをフライパンに注ぎ中火でじっくり、胡瓜が一回り小さくなり香ばしい焼き色がつくまで加熱します。
その後ボウルに移し粗熱をとり、分量の梅干し、大葉紫蘇を細かく刻んで胡瓜と混ぜ合わせます。

4.

いよいよとうもろこしを揚げます。
ほぐしておいたとうもろこしをボウルに入れて打ち粉(分量外)をふって作っておいた天ぷら粉をとうもろこしがギリギリまとまるくらいの量を入れます。
170℃の油を準備してスプーンですくったとうもろこしを優しく入れ、カリっとするまで揚げます。

5.

お皿にとうもろこしのかき揚げと胡瓜の付け合わせをのせ、お好みで七味唐辛子やハーブをのせて完成です!

この夏を快適に過ごすライフスタイルのヒントをお届け。
心とからだをクリア&チャージし、日常が新しくアップデートされるような、新商品や体験をどうぞお楽しみください。

LINE