私にとってTHREEは素肌に優しくて、
ナチュラルな色味、テクスチャーが魅力
〈SPECIAL INTERVIEW─AAAMYYY 01〉

共感覚(シナスタジア)に着想を得た2022年秋のメイクアップコレクション「SOUND IN COLORS “音を視よ、色を聴け。”」のテーマになぞらえ、VISIONARIUM THREE SHIBUYAで開催しているインストアイベント“LIVE IN COLORS”。その第2弾に出演し、ストリーミング配信のコンピレーションEPにも楽曲を提供してくれているAAAMYYYさんへのインタビュー前半。THREEの印象とは?

──エッジーなのに、エフォートレスなムードが魅力のAAAMYYYさんですが、普段のメイクアップはどんな感じですか?また、AAAMYYYさんご自身にとってのメイクアップとは?

メイクは普段から大好きで、今日はこの色のメイクだから、この色をファッションの差し色にしてみよう、とか色を楽しんでいます。真っ赤など、強めのリップが好きなので、今回のTHREEのリップも活躍しそうです。
セルフメイクはもちろん、ライブとかでメイクをしてもらうことも多いんですけど、メイクはオンオフのスイッチになります。メイクさんたちが、ソロやバンドで制作している音や見た目からイメージを描いて、白いラインや蛍光色を入れたり…。
仕上りが想像している自分自身とは全然違うことも多く、意外だったら意外なほど、メイクアップは楽しいです。

──THREEにはどんな印象をお持ちですか?

香りが良いのと、素肌に優しくて、ナチュラルな色味、成分、テクスチャーが魅力だと感じています。遊びやすいカラーリングがニュアンス締めにもベストだし。今日の撮影は佐藤さん(THREE グローバル メイクアップアーティスト)がメイクをしてくれて、新作のアイライナーがポイントに。「ソニックインスピレーション アイライナー」の発色の良いオレンジ系(X03 SEE THE SOUND)とパープル系(X01 SPEED OF SOUND)の2色はどちらも隠しパールが入っているらしく、柔らかく仕上がって絶妙ですよね。それから、リップは「アライジングスピリットリップグロー」のマルーンレッド(09 TASTE THE COLORS)をベースにモーヴピンク系(08 FEEL THE MUSIC)を乗せたレイヤー。透明感を出したり、彩度を活かして大胆に変化させたり、重ね着けがこんなにもいろんな表情に見えるなんて、すごい発見でした。

──THREEにはメイクアップだけでなく、スキンケア、スキャルプ&ヘアケア、ボディケアなどなどラインナップが豊富です。

そうですよね。私はTHREEのヘアケアも好きで、スタイリングローションとヘアオイルを使っています。特に、ヘアオイルは天然素材の精油にこだわっている点と、香りも自然体なところがポイント。それから、半年ほど前なんですけど、今年の3月にSYUMAN.(シュウマン)とAnimus.(アニムス)というドメスティックコレクションブランドのショー音楽をSIRUP君とShin Sakiura君とで手掛けさせてもらい、そのランウェイをメイクでサポートしてくれていたのがFIVEISM × THREEさんだったんです。その時、バータイプのコンシーラーをつけてみたんですけど、それもスマートでよかったですよね。“LIVE IN COLORS”もそうで、THREEやFIVEISM × THREEとこれまで以上に繋がれたので、今後製品をたくさん試してみたいと思っています!

さり気ないナチュラルもヴィヴィッドなアーティフィシャルも許容範囲のAAAMYYYさん。取材後にフェイバリットアイテムを伺いました。

THREE ディメンショナルビジョンアイパレット
重ね方の順序を変えることで、何通りもの仕上げを可能にしてくれます。相乗効果が得られて、これからかなり愛用しそう。

THREE インディストラクティブルアイライナー
アイライナーはニュアンスカラーやアースカラーもあって本当にすごく好きで、自分でメイクアップする時によく使っています。

THREE ネイルポリッシュ
欲しい色がいっぱいあります。昨年の限定カラーは、探し回って、ようやく手に入れました。

THREE ヘアケア&スタイリング ローション

THREE スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R
ラベンダーとかローズマリーとかベルガモットとか、天然由来の精油を成分にしているみずみずしいナチュラルさがお気に入りの理由。

〈SPECIAL INTERVIEW─AAAMYYY 02〉
「“共感覚”は多くのアーティストが
持ち合わせているのかも」

Profile
AAAMYYY(ミュージシャン)

キーボーディスト、トラックメイカー。2017年よりAAAMYYY(エイミー)名義でソロ活動を開始し、翌年6月にTempalayへ正式加入。TENDREやKANDYTOWN・呂布のサポートメンバーも務めながら、モデル、楽曲やコマーシャル歌唱提供、ジャンルを問わない音源コラボレーションと幅広く活動している。2017〜2018年にかけ、EP 3部作『WEEKEND EP』『MABOROSI WEEKEND』『ETCETRA EP』をカセットテープ&配信にてリリース。19年2月には待望の1stフルアルバム『BODY』(SPACE SHOWER MUSIC)、21年8月に2ndフルアルバム『ANNIHILATION』(WARNER MUSIC JAPAN)を発表。去る3月の東コレではSYUMAN.│Animus. 2022年秋冬で初のショーミュージックを、SIRUP、Shin Sakiuraの共作で手掛けた。
OFFICIAL SITE @amy0aaamyyy

〈VISIONARIUM THREE〉

インタラクティブな体験から、一人一人が自分らしさを表現していけるコンセプトショップ。
「THREE」と、「FIVEISM × THREE」と、「一人一人の個性」。 複数の世界観の中を行き来できる ボーダレスな空間の中に、 無限の自分らしさの可能性を感じられるはず。
VISIONARIUM THREE OFFICIAL SITE